分類と階層

三角形の形

ピラミッドとか山とかが思い浮かぶ。

たぶん安定した形なのだろう。

三角形の底辺

いろいろなものを分けるときに、底辺にくるものは、ふるいにかけられて分けきれなかったものがくる。

底辺は種々な雑多なものが混ざり合っている層である。

物事を考えるときに、とっても三角形はまとめやすいと思った。

経営学でも、この考え方はつかうらしい。

10億円稼ぐ社長が言っていた。

うんちくのある人は、実はうんちくを語らない。

10億円かせぐ社長は、時間も分けている。

一か月を一日、一週間、とわける。

一日何をするかを明記。一週間で何をするかを明記。項目をただひたすらやっていく。

一か月の目標を達成するためにどうするかを、三角モデルに当てはめたのだ。

底辺が一日である。

どうしたら、目標が達成できるか?

これは、とっても大切な命題である。

サブコンテンツ

このページの先頭へ