伝統武道

伝統武道はきまった型が存在する事がおおい。
その型は変わることなく受け継がれてきたものである。型として定型を持つまでの思考錯誤は当然あったとおもうし、変化した時期もあったと思う。
平成30年の日本に残っている伝統武道の継承は風前のともしびだといっていいと思う。
時代背景もあろうし、教育も影響しているだろうし、考えられる要因は多くあるけど、伝統武道をやっている人が少なすぎるという点において衰退の一途をたどっていると言っていいと思う。
伝統武道は当時のまま受け継がれていくべきものだと思う。変えたいのなら、また別の事をやればいいと思う。
受け継ぐという責任の一端を日本の歴史を熟考しつつ担っていける存在になりたいと思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ