快 不快

快と不快が基本かも。感情の。 エネルギーがプラスかマイナスかである。多分。 エネルギーはCが交流分析では大事である。 やっぱり3歳ぐらいまでの気持ちの揺らぎのホームポジションが大切かも。 快、不快は人によって違う。 たと・・・

交流分析 大学のアメフトタックル

大学で起きたパワハラ問題の会見 個人と集団の問題はあるけど、交流分析ではゲームであり、その渦中の人たちの脚本の問題である。 その時に、いろいろ揺らぎがでる。

木を隠すなら

政治でもよくあるけど、大した問題でないのに大騒ぎするのは、大切だけど知られたくない問題を隠す時である。 自分の心理状態を分析する時も、この法則は使えると思う。

自我と自己って説明きいてもよく分からない。

変わらない立ち位置、感情ってどんなだろう? 揺らぎはあるとはいえ、変わりにくく、その人の原点ともみてとれる立ち位置、感情。それをみつけてみたい。 自我と自己を考えてみたけど、なんか良く分からない。 ネットで調べてみたけど・・・

ラケット感情

交流分析のラケット感情には、優越感とかかなしい気持ちが含まれている。

会話

相手を知るのに会話をするのだけど、どのような会話がよろしい会話なのだろうか? 口説く時は、どうだろうか? 会社では? 会話を気分よく継続させるには、相手を気分よくさせないといけない。会話に、●×の回答のようなものはさけた・・・

簡潔に 分かりやすく 具体的に

私は文章を書くのが、苦手です。でもそれを克服したいと思っている。 どうしたらそれが可能か? まずは表現の豊かさを学ぶ? いや、まずは 簡潔に わかりやすく 具体的に の三つを大切に書いてみようと思う。 広告の世界でも8歳・・・

アンガーマネージメントの人が・・・

この前アンガーマネージメントをやっている人がとっても面倒な人だったみたい。一方的に話していたみたい。 私の仲間内で、そんな話がでた。 僕も気をつけないといけない。 たぶん私もやっていると思う。 腹が立つっていう感情をもっ・・・

アナウンサー

話す事は 、聞く事である。 ますは聞かないといけない。 アナウンサーとかリポーターの人が言っていた。予定していた質問とかは、あんまし使い物にならないらしい。 会話はやっぱり臨場感ですよね。

アウトプットしないとね。

交流分析は特にインプットが多い。 そこでアウトプットするようにしたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ