捻じらない道具

捻じらないで使う身体は、まえかけかな。

液体感覚

液体感覚をもった人間とはどんな人間であるかを考えた時に、循環器が大切な気がする。ずばり臓器で大切なのは、心臓である。心臓が大切ってたぶん納得する人が多いと思う。 だから液体感覚をいいかえると心臓感覚なのかもしれない。 心・・・

操作

重心の位置をつかって相手を操作する。だぶんできるよね。 できると思う。

脇 力の塊?

肋骨って凄いのかな?脇って凄いのかな?力の塊って事?

月面は無我?

我というものを考えていきたい。我はいったいなんだろうか?集まる必要があったと考える我、集まる必要がなかった無我。我とは不安、無我とは安心。そんな分け方もできるのかもしれない。重力がなくなったら、無我に近い状態になるのでは・・・

閾値

病人とアスリートは身体の変化がよくわかる。弱いと強さの究めようとしている人なんで、すこしの変化をとらえやすい。 感覚の閾値とでもいうのかな。そんな感じである。

リセットカウント

骨―筋―皮膚と3-2-1的なカウントでなんとかならないかな。リセットカウントで。 意外と骨と皮膚は意識しやすい感じである。できないのが筋肉。やりにくい。

居つく

寝ていても疲れる。 そういう事はあるだろう。背中が居着いてしまうし、重力で押しつぶされてしまうし。

身体は好き嫌いははっきりする

身体は割合、はっきりとしているのであいまいはない。好ききらいがはっきりしている。身体は机上の空論はない。 頭―身体―心の順であると思うので、身体はあるいみ梯みたいなものである。身体に表れているものは、よみとれやすい。分か・・・

触り方の練習

正座からおこす練習とかね。触り方の練習になる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ