背中に風を受ける感じのイメージをしてみる。 背中がどちら側が風があたりやすいか感じてみる。 力がどちらが入りやすいかを感じてみるのもおもしろい。

型について

型があるほうが、中に入らなくていいかもしれない。 また末端に力をながしていける。

自分に力をためる技のポイントは、骨間膜かもしれない。 この膜は、自分にも影響するけど、相手にも影響させれるかもしれない。 上肢では肘の使い方がとても大切だと思う。腕は肘の動きがとても大切だと思います。 書道は肘の動きを極・・・

エネルギーをためる

身体にエネルギーをためる技 身体にエネルギーをためれていると解放する事も可能となる。解放すればすごい力がでる。 相手をぶっとばせるぐらいの力である。

空間に漂う感じは、地球に居る限り重力という力に押さえつけられてしまうため味わう事はできない。 武術の居着くというのは、この力をうまく使っているのだろうと思う。 重力は上から下に働く力である。 上にあるものは落ちる。 りん・・・

左右の動き

右左の働きの違いによって身体の動きは調整されていくのかもしれない。 剣は右手が上、左が下でもつ。 右手で上げて、左手で下げるという感じなのかな。 手を合わせると、反射はとてもはやくでるのかもしれない。 右腕が上なのかな?・・・

●を意識して動く

足の下に●があるっていうのは、三船10段がいっていたみたい。 円はぐらぐらというか不安定だから、もしかしていいのかもしれない。 球の上に立っている感覚を身につけてみようか、しばらくやってみよう。 腹にも球がある。 重心、・・・

足裏の感覚

足底反射でどれだけ身体がかわるか? あるいは足がどれだけのものを判別できるか? 安定と不安定と組んだものと平たいもの。 それを判別できるのが足である。 わりと足の感覚はすごいのである。

手は自由

手はとにかく自由である。 勝手に動くものである。 手の機能は基本的に快楽の感覚を引き起こすのではないか?と思う。それは自由に動くという意思をもった部位であると同時に、身体のあらゆる世話を担当する部位であるからである。

意識の違いで動きがかわる。

手首を持たれた時に、持たれた側の意識がどうなるか? 肘から上にいくか? 手首から指先にいくか?である。 上に行くと、肩を固まらせて動きがとれなくなってしまう。 肩をフリーにしとくのがとっても大切であると思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ