運命

球でレールと作って重さを流す。汽車がレールに乗って走っていく感じである。 運命論で考えると、レールの先は決まっている。 生まれたからには死ぬ。年を取り、細胞が劣化して衰え病にかかる。でも自由という。完全ではない、完璧では・・・

身体をどう考えるか?

身体的特徴を、かたまりで考えるか、部分で考えるかがある。 連結する考え方と細分化した部分で考えると、より双方の特徴と活かし方が見えてくると思います。

外に流す

レールを作って流す。動きをうまく作って流す。 流すというのがとても大切である。 流れる時に大切なのは、重さ、重力をうまくつかうという事である。 流れも内に流れるのと、外に流れるのがある。 内に流れるのは、防御することもで・・・

エネルギー

エネルギーは高き所から低き所へながれる。多いところから、少ないところへ流れる。相手の低い、少ないところが狙い目である。基本的には裏と言われるような所となる。

レール

まずはどこに力を流すかである。レールの力、レールの位置。 を考える。日本のレールをイメージするとより分かりやすいかもしれない。力が流れてくるイメージを大切にする。 球がころがるようにイメージする。

疲れないようにするために

疲れないが基本である。疲れない動き方、歩き方、働き方。それを探る。

意識

つかまれると、つかまれたところに意識がいく。

左肩はまる?

左肩はまる。右肩はプチャである。

組織をつくるために

組織をつくるための組織論。 どうやって組織をつくるか? 組織には何が必要か? ルールを作る必要があると思う。人がついてくるルール。

身体の事

身体の事を知る。それが必要なのではないか? 身体のしくみを単体と全体とで考えていく必要があると思います。 指先の末端、身体の中心からの動きという相対するものに目を向けるのが必要かと思います。 捻じりでつなげる。まわして繋・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ